スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--

貴婦人のポンポン




今日は新春企画パスマントリー講座を開催しました。
カナダ恵子先生のもとで講師をしていらっしゃる山村先生におこしいただきました。
いつもは賑やかにカルトナージュをしている生徒さんたちも、今日は無言でひたすら木玉に刺繍糸をまきまき…。
完成したファーのタッセルを見て、思わず可愛い~とため息がでました。

カルトナージュもパスマントリーもそうですが、本を見ただけではやはりよくわからない所があります。そのちょっとしたコツを教えてもらうと、グッと上達しますよね。
ぜひ、今日の作品をアレンジしてカルトナージュの箱につけたりなど、オリジナル作品を楽しんでくださいね

タッセルの入った壁掛けの飾り箱はル・パピエの研究科で作れます。アクリル板がはまっていて、中のものが埃にならず、蓋はある方法で取れるので簡単に中のものも入れ替えできます



こちらは山村先生がもってきてくださった、タッセルの数々。素敵ですね~。
ほんとにこんな根気のいる細かい作業なのに、手づくりというところがすごいですね。
あ、でも、いつも写真がよく撮れていなくてすみません

タッセルは何にぶらさがっているかというと・・・ビーズのFちゃんからご要望があり製作した、ネックレスが絡まらないようにかけておく壁掛けのホルダーです。こちらはカルトナージュです。長いネックレスもこれで絡まることなく、一目で分かります。Fちゃんはビーズのお教室(ル・コリエド・ペール)主宰していて、これを使ってくれています。
今日、こうしてお教室の片隅に見本としてあったこの作品も、役にたちました。(こちらは中級から製作できます)
きっと作品も喜んでます

Comment - 0

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。